それって本当に水虫?似ている症状がある!

皮膚がジュクジュクとしたり、痒みが出たり多くの人を悩ませているのが水虫です。
治ったかと思えば再発し、なかなか完治してくれません。
原因は、白癬菌が皮膚の角質層に寄生するためです。

白癬菌は体の他の部分にも付きますが、感染するのは90%近くが足に集中しています。
なぜ足が水虫になりやすいのかというと、日頃靴下や靴を履いて人は生活をしているので足が蒸れやすい環境にあるからです。
白癬菌は高温で多湿な環境を好むため、熱がこもりやすく蒸れやすい足が水虫になりやすいというわけです。

しかし、皮膚の変質や足に痒みがあるからといって、すべてが水虫であるとは限りません。
足に痒みがあるときには、水虫以外にも魚の目や汗疱性湿疹の可能性も考えられます。

魚の目は皮膚が白色や黄色みがかった白色に変容することもあるため、一見すると水虫の症状に似ています。
足の指の腹や指の間にできると、水虫と間違えてしまうこともよくあることです。
ですが、魚の目は水虫とはまったく違う皮膚疾患で、魚の目は白癬菌ではなく角質が硬くなり厚みを増すことで起こります。
足の指や裏などが靴に当たったり摩擦したりすることが原因です。
しかし、中心部分に芯を持っているのが特徴なので、じっくりと観察をすると見分けられる方も多い病気です。
治療方法にはサリチル酸を用いた薬の塗布や、カミソリ、メスやレザーで魚の目そのものを除去する方法があります。

汗疱性湿疹も、症状がよく似ているために水虫ととても間違いやすい皮膚の病気です。
水疱が現れるのが特徴で、かゆみをともなうこともあります。
汗疱という1ミリから2ミリほどの水疱が足にでき、これが破裂し、その部分の皮膚が湿疹になっているのが汗疱性湿疹です。
皮膚の外へと排出されるはずの汗が皮膚の中に溜まってしまうことで起こる病気で、白癬菌によって引き起こされるものではありません。
治療には、一般的にステロイド薬やサリチル酸を含有した外用薬が用いられます。
このように、足の皮膚が変質を起こしていたり、水疱ができていたりと症状が似ていたとしてもすべてが水虫だとは言えません。

医療機関で検査をして水虫かどうか確かめよう

現在水虫の治療薬は様々な製品が発売されており、薬局やドラッグストアで購入して自宅でも治療は可能です。
しかし、水虫の症状には、乾燥して皮がめくれる症状や、湿潤な状態などさまざまあり、それぞれに有効な薬が違ってきます。

くわえて、水虫に症状が似ている魚の目や汗疱性湿疹があります。
魚の目の治療には皮膚を柔らかくするサリチル酸が有効で、汗疱性湿疹の治療にはステロイド薬が用いられるのが一般的です。
このため、自分で判断をすると水虫治療薬を他の皮膚疾患に使用する可能性も出てきます。
薬を使って治しているつもりが、逆に症状を悪化させていしまう可能性も否定できません。
また、水虫薬を塗布することでアレルギー反応が出ることもあります。
アレルギー反応を起こすと、皮膚がかぶれてしまうい症状を悪化させてしまいます。

このようなことがあるので、水虫の治療はまず最初に医療機関で検査を受けてみるのが最善の方法だと言えるでしょう。
医療機関で検査を受け自身の皮膚の病気をはっきりと診断してもらい、症状に最適な薬を処方してもらうのが水虫完治の近道です。
市販薬の中には、処方薬と同じ成分を含むものも確かにあります。
しかし、病院で処方される薬の方が市販の医薬品よりも有効成分も多量で効き目が強いです。
また、水虫は皮膚疾患ですので、健康保険の適用され3割負担で薬を手に入れられます。

それに、病院に通うと根気よく水虫治療を続けられるようになります。
治療は白癬菌を完全に退治しなくてはいけないために長い期間が必要で、症状が収まった後も1ヶ月間は薬を塗布しなくてはいけません。
病院に通っていると、先生からの指導もあり薬をもらいに行っているので意識付けもでき、薬を根気よく塗布していけます。